医師

若さを維持する力を持つ薬

シワの改善に効果がある事で有名なボトックスには、副作用が発生する可能性があります。特に胎児への影響が一番の懸念としてあげられ、近々妊娠の予定がある妊活中の女性や男性の他、妊娠中や授乳期の女性は注意が必要です。

事前にしっかりと把握する

鏡を見る人

人によって様々

ボトックスは手軽にできる整形方法ですが、顔のエラ部分の張り出しなどに悩んでいる人にはよく用いられる方法です。エラが張り出しているとそれだけで顔が大きく見えたりすることも多く、特に女性は見た目の印象などで気にする場合が多いでしょう。ボツリヌス菌を注射する事によって筋肉の働きを抑え、張り出し部分を徐々になくしていくことができるため、初めての人でも安心して受けることができるでしょう。ただなんでもそうですがすべてがうまくいくとは限らず副作用がありますので、そうした事も頭に置いて始める必要がありそうです。こうした整形はちょっとした加減でその後の表情にも影響してくるため、常に同じ結果が得られるとは限りません。後で後悔しないためにも、副作用についてはやはりある程度は知った上でボトックス注射をしたほうがいいでしょう。主にエラ部分に対するボトックス注射をした際の副作用についてですが、咬筋部分への影響がいくらか出る可能性が考えられます。エラの張り出しの整形で筋肉部分を抑えるための処置となりますが、人によって状態なども違うため効きも様々です。うまい具合に適度に張り出しが抑えられるのが一番理想的ですが、場合によっては効きすぎて筋肉がこわばってしまう事もあるようです。例えば、あごの動きがぎこちなくなってこわばりなどがでたり、噛んだりする時に違和感を感じたりするなどがあげられるでしょう。顎周辺の筋肉の動きが抑えられるため起こるものですが、これまでのように噛んだり動かすことがしにくくなったりするため不安に感じることもあるでしょう。最初のうちは気になるかもしれませんが、徐々になれてきたり馴染んでくると効果も薄れてきたりする場合が多いため、あまり心配しすぎないほうがいいかもしれません。またエラの張り出しが大きければ大きいほど、その後の皮膚のたるみなども気になってくるのではないでしょうか。エラ部分をなくすのは簡単ですが、もともとそこにあった皮膚はそのまま残ってしまうため想像以上のたるみがでてくる場合もあります。せっかくエラの張り出しをなくすことができたのに、たるみができてしまうとそれはそれで困ってしまうのではないでしょうか。場合によってはたるみを除去する手術が必要になることもありますし、どのくらいエラの張り出しを抑えて最終的にどのようになるかシミュレーションしておくことは大切でしょう。エラ部分の整形についてはそこだけを見て考えていると、少し違った結果になってくる可能性がありますので気を付ける必要があるかもしれません。ボトックスについてはエラの筋肉の具合や注射の量などによって、結果も様々ですし起こる副作用も違いがでてきます。確かにボトックスはとても手軽で初めての人でもやりやすい整形方法ですが、失敗しないためにもある程度事前に調べおくことも必要でしょう。特にエラは顔の一部分ですし印象にもかかわるため、少しでも納得のいく形に仕上げたいと思うのではないでしょうか。副作用を最小限にするためにもどこらへんにどれくらいするのか、しっかりと説明を受けてからするようにしましょう。

カウンセリング

美容整形の不安を解消

美容整形外科でも人気の施術のボトックス注射は、副作用の心配されていますが、取り返しのつかない副作用はなく安心です。とくに顔に注射を受けるときは、極細の針を使用しているところ、優秀な医師を徹底的に探すといいでしょう。

看護師

顔の大きさを改善出来る

気になる顔の大きさを改善したい方におすすめするのがボトックス注射です。施術を受けることで、エラ張りを改善したり小顔効果を実感することが出来るでしょう。副作用も少なく施術時間も短時間で痛みが少ないので、気になる方はぜひ挑戦してみましょう。